青年劇場 小劇場企画No.21 「原理日本」 雑感および覚書③

これ(青年劇場 小劇場企画No.21 「原理日本」 雑感および覚書➁ - neo2600の日記)の続きです。

 

 

●「歴史に学ぶ」?

 実在する歴史上の人物を描くにあたっては、NHKの大河ドラマが好例ですが、最低限の事実性の下敷きが存在する必要があります。そうでなければ、作家個人の問題意識や希望的観測で歴史を上書きすることに繋がってしまうからです。久板栄二郎さんが最初に脚本を完成させてから四十七年も経ちました。蓑田胸喜さんと原理日本社についての研究はこのあいだにかなりの進展を見たと指摘し得ると思います。にもかかわらず、青年劇場で今回に上演されたものは若干の台詞の変更はありましたが、全体的な内容には改稿はないようです。恣意に基づいてると言われても仕方のない事実誤認は創作の価値に影響を及ぼし、作家個人の自己満足を招来するばかりです。お客さんが喜んでくれているのだから良いじゃないか、問題提起が出来ているのだから些細なことは良いじゃないかというのは、畢竟は言い訳に過ぎません。それを言ってしまいますと歴史上に実在した人物をモデルとする意味が消失してしまいます。歴史に学ぶとはそういうところから始まるのではないのです。

 

 演出なされた大谷賢治郎さんはツイッターのご自身のアカウントで「演出した作品が、今の日本に酷似しずきて怖い。原理日本。」と書いておられます。二月二十日のツイートです。ですが、四十七年前の脚本の段階で疑問符は多く、今回の再演でそれに修正が施されたと見ることは難しいと言わざるを得ません。このような創作を現実に同類項化する暴挙を敢えてする結果に陥ってしまっています。

 

 会場で配布されたパンフレットに、大谷賢治郎さんは次にように書いておられます。「歴史に学ばない為政者が世界を動かし、恐ろしい未来を築いていく、それはもはや仮定でも仮想でもないのだ」。これは次のように言い換えることが出来ます。「歴史を学べない作家が、観客を動かし、取り返しのつかない未来を築いていく、それはもはや仮定でも仮想ではないのだ」。

 

 現代はファシズムの時代であると指摘されます。ただ、これまでにもそのような指摘はたびたび存在しました。吉田茂さんのときにもファシズムの復活が叫ばれました。中曽根康弘さんのときもファシズムへの警戒がありました。ですが、現在から過去を振り返るに、それらの批判や指摘が招いたのは何だったのでしょうか。ファシズムであると言いさえすれば事足りてしまう思考の硬直化ではなかったでしょうか。安倍晋三さんもファシズムだと言いますが、結局は過去の事例と同じところに収まるでしょう。「現代の日本は戦前戦中と似ている」。この使い古されたフレーズの連呼で、得られたものは何もありませんでした。そのフレーズで、恐怖がその都度に煽られても結局は何も起こらない。こういったことが何度も続きました。これからも続くでしょう。

 

 

●「狂気」とは何か

 

浅香「滝川なんかとは違って美濃部と云えば、奧さん、枢密院議長一木喜徳郎さんの直系ですよ。いまの官界政界には、大学で美濃部憲法を学んで来てるものも大勢いますよ」(久板栄二郎『原理日本』)

 

 天皇機関説美濃部達吉さんは改名されずに登場しています。劇中においても語られているのは、その美濃部達吉さんの学説が当時の政府の省庁の人員にあっては主流をなしていることです。「猿田彦市」たちの滑稽さも多分に含んだ狂気がそういった従来の学説を覆し、戦争への地ならしをしていったというのが戯曲『原理日本』の骨子でもあります。ですが、滑稽さの極まる狂気で社会の通念が覆せるほどには簡単ではありません。脚本においてはその問題点を、軍部の尻馬に乗っただとか、日本人の心性の問題が然らしめただとかで処理しようとしています。

 

 複雑多岐に亘る事柄の理由を「猿田の狂気」に単純化してしまうのは、果たして正しいことなのでしょうか。敗戦前の日本を批判し、返す刀で現代に非難を加えるのに好都合な「スケープゴート」としての役割が、「猿田彦市」の「狂気」に押し込められてしまっているような感じがいたします。「どうして日本は戦争に向かってしまったのか」という疑問がこの「スケープゴート」で解けるのでしたら、それほど簡単なことはありません。

 

 久板栄二郎さんの戯曲『原理日本』は、四十七年前の劇団俳優座で初演を飾りました。四十七年前の昭和四十五年と言えば、学生運動が華やかであった時代です。全国の大学で闘争運動が組織され、数多くの文化人はこれを支持していました。現在においてもメディアでご活躍なされている文化人でも学生運動を経験した方々は意外と大勢おられます。学界のほうは、現在とは異なり、マルクス主義が主流でした。そういった時代に、久板栄二郎さんは書き下ろされたのです。言わば、ある種の「余裕」があったのでした。対する今回の青年劇場の公演の背景となる社会は、四十七年前とは打って変わっています。往年と比べると学生運動は学生とは名ばかりの活動家が爪に火を灯すように細々と営んでいるにすぎないのが現代です。国会も一強他弱の状況が続きます。このようななかで、延々と敗戦前なるものの反省をし、ファシストがいけなかったのだ、人民の理性が敗北したのだと相も変わらず唱え続けるのは、どのような意味を持つのでしょうか。

青年劇場 小劇場企画No.21 「原理日本」 雑感および覚書➁

これ(青年劇場 小劇場企画No.21 「原理日本」 雑感および覚書➀ - neo2600の日記)の続きです。

 

●歴史上の人物を描くこと

 「猿田彦市」はたまに「ひっくりかえ」ってしまうことがあるそうです。それは「てんかん」を意味しています。激高したり、興奮するあまりに「ひっくりかえ」ってしまうという設定です。劇中では数回はこの発作でこの主人公の意識が失われました。そのたびに会場からは笑い声が聞こえたのには、正直に申し上げて唖然といたしました。そういった病気を笑いの種にしてしまう脚本と演出に恐怖を感じます。蓑田胸喜さんは実際には「てんかん」のように急に卒倒してしまうことがあったとは伝えられていませんが、たとえこれが事実であっても、戯画化してしまうのは、創作の暴走です。戯画の対象が「ファシスト」や「右翼」であれば、手段を選ばずにどんなに貶めてもよいのでしょうか。

 

 創作の暴走はまだ続きます。「猿田彦市」は突発的に婚外子の「ゆり子」の首を絞めにかかる場面があります。ここで家族内で暴力を振るう人物としての刷り込みが観客になされてしまうのです。放映されることで衆目に晒されるテレビドラマとは違い、劇場では全てが一過性のものと考えても差し支えないでしょう。舞台に立ち会う観客は脚本家や演出家の意図を普通は反芻の余地もないままに受け取ります。録画で見直すことは通常は出来ません。

 

 「猿田彦市」は完全な創作上の人物ではありません。蓑田胸喜さんというモデルが存在します。そして、蓑田胸喜さんにも家族がおられるでしょう。このことを忘却し、創作の看板のもとであれば何事も許されるのでしょうか。彼等が「言論粛正」をしたから、それ以上の報いを受けるのが当然なのでしょうか。結局は、久板栄二郎さんの描いた『原理日本』は、作者個人の問題意識の投影でしかありません。これにより、本体そのものの原理日本社とは何であったのか、そして蓑田胸喜さんとはいったい何者であったのかという肝心な課題がますます遠ざかっていってしまうのです。好事家のあいだだけで共有し、完結してしまう芸術は、全体社会への訴求力は低くなりがちです。芸術は個人間で共有される私的のものばかりではなく、個人と社会とを接続する公的なものでもあり得ます。歴史的な事柄を題材にする場合は、後者のほうに比重が大幅に傾くことになるでしょう。

 

 ●小ネタ

 出征する青年のために日の丸の旗に寄せ書きをする場面があります。「川波茂雄」が自身の氏名を普通に筆書きしたのに対し、「浅香清嶺」は平仮名で書いていたのは面白いと思いました。三十一文字を詠む歌人という性格に没入させるためなのでしょうか。「猿田彦市」は米英撃滅と書いた横に氏名を書き付けたようです。

 

 「猿田彦市」を演ずる島本真治さんは唾を飛ばす話し方をすることで、激越な印象を体現していました。「猿田彦市」が膝を崩してうなだれる場面で、演じる島本真治さんが何やら口をモニュモニュとしていたように見えました。そのときは思念する様子を表現しているのかと感じましたが、今から考えると唾液を生産していたのかもしれないと思いました。実際のところは役者さんのみぞ知るです。

 

 「猿田彦市」の自宅にある神棚と思しき小道具には埴輪や日本刀が添えられてあります。埴輪があるのは久板栄二郎さんの脚本と変わりありません。「神ながらの道」と大書された掛け軸、そして、お榊もお供えされています。それらは全てが新聞紙でくるまれてあるか、あるいは灰色がかった彩色が施されているようです。日本刀の刀身のほうは金属であり、抜いたときには光り輝いていました。神棚の前に埴輪が置かれている場景を見るのは初めてです。

 

 

 「猿田彦市」は暮らし向きはよいようです。「ひがしくぜ」という人物から貰い受けた邸宅に住んでいたり、「宮中に参内せねば」と言う台詞があったり、陸軍からの機密費を得ていたりとしています。ですが、実際の蓑田胸喜さんはそのように満帆な生活を送れていたのかというと必ずしもそうではないようです。「ひがしくぜ」とは皇族の東久世家を意識していると思われますが、細川護立さんのような華族との繋がりは考えられても蓑田胸喜さんには皇族との接点は認められません。宮中にももちろん参内出来る立場ではないのです。陸軍からの機密費にしても、間接的にその存在を匂わせる資料があるばかりで、肝心なところは推測するしかないのが現状です。確かに限りなく黒に近いグレーではありますが、実相を確定するには未だ足りない要素があります。体制対反体制、権力対反権力といった図式に着目するあまりに、脚色が行き過ぎてしまっている箇所が部分的に存在するのではないかと感じました。

青年劇場 小劇場企画No.21 「原理日本」 雑感および覚書➀

f:id:neo2600:20170226021157j:plain

 青年劇場の『原理日本』を拝観いたしました。劇団の上演というものを見る初めての経験がこの作品となります。

 四十七年前に久板栄二郎さんが劇団俳優座に書き下ろした同名の脚本の再演ですが、作品に現代的意義が認められたからこその再演なのでしょう。主人公のモデルは、原理日本社という結社の主幹であった蓑田胸喜さんです。青年劇場のこの『原理日本』では「猿田彦市」という名前が与えられています。

 

●上演まで

 時間的に早くに青年劇場のスタジオ結に着いてしまいましたが、近くの公園のベンチでくつろいだり、徘徊したりとするうちに、開場の時刻となりました。誘導や受付の方々のご対応には満足の一語です。こういった劇場は無くなりつつあるそうですが、常連の方々が支えていらっしゃるのであろうと感じせしめられる場面も見受けました。

 

 自由席での案内のもとで、運良く最前列の端の席に座ることが出来ました。舞台演劇はテレビドラマにあるようなカメラ回しが無いので全員の演者の挙動も楽しめるらしいと以前に聞き齧ったことを思い出し、最前列よりも中腹の座席のほうがよいかともあとから感じましたが、結果的には席替えをせずとも問題はありませんでした。

 

 全席が満席です。舞台に配置されてある机や椅子などの全ての小道具類には、今回の演目に関係する事件が載った昭和初期の新聞で綺麗にくるまれており、それは新聞紙の灰色の色調とあいまって、当時の雰囲気が連想させられます。上演が開始される十数分前には、どこか寂しげで怪しげなBGMが流され始め、これから始まる作品の雰囲気作りが整いました。

 

●登場人物たち

 台詞は四十七年前の初演の当時とは若干の改稿が加えられているようです。蓑田胸喜さんをモデルとする「猿田彦市」を演じるのは島本真治さん、「広瀬亘」という転向した経歴のある新聞記者は矢野貴大さんであり、森正蔵さんがモデルと見られます。蓑田胸喜さんの風貌に近いのはどちらかというと矢野貴大さんのほうのように思えましたが、島本真治さんは熊本県のご出身だそうですので適役なのかもしれません。

 

 「猿田彦市」には「ときどき顔面を引きつらせ、神経質にシェッシェッと歯と歯の間から息を吸う妙な癖がある」という設定が初演時にはあったようですが、今回はそういった演技はありませんでした。さすがに設定付けとしては滑稽過ぎたと判断されたのでしょうか。

 

 次に登場するのは「ゆり子」。傍島ひとみさんが演じておられます。「ゆり子」は「猿田彦市」が二十年前に産ませた婚外子ですが、当の本人の蓑田胸喜さんにはそういった遍歴はなく、創作です。

ゆり子「ほなら、学生さんたちにバラしてもいい?二十年前、芝居小屋廻りのズカ・ガールを手ごめにして生ませた子がこの私。浅香の小父様が証人になって下さるわね」。(久板栄二郎「原理日本)」)

ゆり子「かあさんは、すごくあなたを怨んで死んだわよ。あなたは、ご自分の出世のために、かあさんを犠牲にして、今の奥さんと結婚したんでしょ?」(久板栄二郎「原理日本)」)

 この創作は作中で「猿田彦市」が奔放に子供を作ったという自分勝手な側面を際立たせます。本妻は「徳子」で、息子は「彦太郎」。ピコ太郎ではありません。同様に家族たちもまた主人公の「猿田彦市」の言わば異常性を目立たせます。とは言え、実際の蓑田胸喜さんの家族が作中での描写のように滅茶苦茶であったとは最近に出た研究においても伝えられてはいません。創作中では人権侵害行為がなされていると指摘出来ます。

 

 蓑田胸喜さんが師事した三井甲之さんをモデルとする登場人物も存在します。「浅香清嶺」という御歌所の歌人であり、奥原義之さんが演じておられます。関西歌壇の大御所という設定です。「浅香清嶺」は何故か指輪をしており、全身的に本当に若干ではありますがいわゆるオネエ系の印象が認められました。

猿田「歌詠みなんて手合はクソの役にも立たん」

浅香「ほッ?自分は歌よみじゃないみたいな言い方だね。もともと「原理日本」は、歌を正道に戻すために始めた雑誌じゃないか。君が政治の邪道にねじ曲げたんだ」(久板栄二郎「原理日本)」)

 蓑田胸喜さんと三井甲之さんは作歌も含めての終始に亘る盟友でしたが、劇中では「浅香清嶺」は暴走する「猿田彦市」を冷ややかに見ながらも行動を共にするという具合になっており、これもまた際立たせ役の一翼を担っていると言えます。

 そのほかにも登場人物はいます。菊池武夫さんがモデルと思われる軍部出身の政治家である「山路男爵」、岩波茂雄さんは「川波茂雄」、羽生五郎さんの「壬生五郎」などです。女中や書生の端役もいます。作中の人物たちは全員が「原理日本」を「げんりにっぽん」と読んでいます。「真崎甚三郎」の「真崎」の読みが役者ごとに「まさき」あるいは「まざき」であったりと揺れがあるのは耳につきました。